MENU

【リサーチ事業・やさしいビジネス総研設立】経営,政治,社会,統計学の理論&知見&分析手法で、調査ニーズや経営課題を解決


株式会社やさしいビジネスラボでは、「やさしいビジネス総研」を設立、リサーチ事業を開始しました。

やさしいビジネス総研
https://yasabi.co.jp/yasabi-comprehensive-research/

目次

アカデミーの力を社会に。

株式会社やさしいビジネスラボは、この社会はもっと気軽にアカデミーの力を活用してよいと思っています。

当社は、やさビ学長・中川や所属研究員が長年培ってきた経営学・経済学の理論・知見と分析手法で、皆様が抱える調査ニーズや、経営課題の解決にベストを尽くしていきたいと思います。

やさしいビジネススクール 中川功一学長

研究員の新規採用

リサーチ事業拡大のために、新規にやさしいビジネス総研・研究員として樋口広喜(ひぐち こうき)氏を採用しました。

<樋口氏の直近の研究成果>
中村文亮・樋口広喜・中川功一(2023)「裏垢保有は約半数,ひろゆき氏は信頼厚いインフルエンサー:2大学で行ったZ世代大学生の認識調査・基礎報告」『近畿大学 商経学叢』70(3) 187-209.
[概要]
本研究の目的は,1990年代後半から2000年代後半までに生まれたZ世代の若者に焦点を当て,彼らのSNS上の行動とその背後にある心理的要因を探索することである。アテンションエコノミーと呼ばれる人々の注意や認知が貴重な経営資源となりつつある現代において,SNS上のアテンションの獲得競争が,Z世代の行動や心理にどのような影響を及ぼしているのかは,十分に理解されていない。本研究は,関東と関西の大学生を対象にした質問票調査を用いて,アテンションエコノミーの帰結として生じたインフルエンサーの支持,匿名性の高いアカウント(裏垢)の利用,SNSの長時間利用とウェルビーイングの関連性を取り上げ,分析を行う。

研究員紹介

中川功一
やさしいビジネス総研所長/やさしいビジネススクール学長
1982年生まれ。経営学者/やさしいビジネススクール学長/YouTuber/東京大学 経済学博士

専門は、経営戦略論・イノベーション・マネジメント、国際経営。「アカデミーの力を社会に」をライフワークに据え、日本のビジネス力の底上げと、学術知による社会課題の解決を目指す。「やさしいビジネススクール」を中心に、YouTube・研修・講演・コンサル・著作等で経営知識の普及に尽力中。

中川功一所長の詳しいプロフィール

あわせて読みたい
中川 功一 ~しかし今、人々の「経営の悩み」にこたえるべき地位は、全く異なる人たちが担っている。誠実なプレーヤーもいれば、かなり怪しげな扇動者も多い。いずれにしても共通...

樋口広喜
やさしいビジネス総研/研究員 
2021年近畿大学経済学研究科修士課程修了。その後、民間企業勤務を経て、2024年より現職。2023年より、近畿大学経営学部中村文亮講師、中川功一学長と「若者のSNS利用と消費行動に関する調査」に関する研究に携わる。

樋口広喜研究員の詳しいプロフィール

あわせて読みたい
樋口 広喜 【】 データサイエンス、経営戦略、都市経済学 【】 2021年3月 近畿大学 経済学研究科 経済学専攻 博士前期課程 修了(修士)2021年4月-2024年3月 株式会社リテラ...

お問合せから納品までのフロー

お問い合わせを頂きましたら、中川や当社研究員とまずお打ち合わせをしていただき、調査の方針や、予算などを相談のうえで決めて参ります。
調査について、知識やノウハウが無い方もご安心ください。
どのような調査方法がよいのか、どれくらいの予算が妥当なのか、皆さんが腹落ちできるまで、よく話し合い、情報を提供していきながら決めていきます。

調査期間は「3か月」、「6か月」、「9か月」、「12か月」の4つのパターンから、調査の内容に応じて相談の中で決定いたします。2年以上の長期にわたるプロジェクトとなる場合は、1年ごと、あるいは半年ごとにお互いにレビューをしながら、継続するかどうかを含めて検討をいたします。

最終の納品は、「データ」、「調査レポート」、「当社研究員による報告」で行います。必要に応じて、それを事業戦略に落とし込んだり、システムとして納品する場合もあります。シンポジウムやセミナー等の開催という形式も可能です。

リサーチ方法

「アンケート調査」、「ウェブ上のデータのスクレイピング(自動収集)」、「ヒアリング調査」、「現場調査」、「学術論文のレビュー」などの方法から、皆さんの希望に合ったものをご提供します。

用途用例 ※いずれも当社として実施実績のある事例です

  • アンケート調査:伝統産品の市場ニーズに関するアンケート調査 など
  • スクレイピング:クラウドファンディングでの成功するプロジェクト内容調査 など
  • ヒアリング調査:半導体産業における地政学リスクの影響調査 など
  • 現場調査:社会福祉法人のサービスフロー分析 など
  • 学術論文レビュー:高齢者へのコーチング的関与がウェルビーイングに与える影響 など

これまでの実績

委託調査として「三井住友信託銀行スタートアップサーベイ」
独自調査として「若者のSNS利用に関する調査」
共同研究として株式会社ROOKIE様と「働き手の技能アセスメントに関する共同研究」

このほか、企業の財務分析や、競合分析なども実績があります。

お問合せ先
higuchi@yasabi.co.jp

やさしいビジネス総研
https://yasabi.co.jp/yasabi-comprehensive-research/

著者・監修者

新着記事

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次