MENU

やさしいビジネス総研

設立趣旨

アカデミーの力を社会に。

株式会社やさしいビジネスラボは、この社会はもっと気軽にアカデミーの力を活用してよいと思っています。

当社は、やさビ学長・中川や所属研究員が長年培ってきた経営学・経済学の理論・知見と分析手法で、皆様が抱える調査ニーズや、経営課題の解決にベストを尽くしていきたいと思います。

業務内容

委託調査

実施例:三井住友信託銀行 スタートアップサーベイ 監修・分析 (2021~)

その他 自動運転に関する調査、コンサルティングファームの組織デザインに関する調査、成功するDX戦略に関する統計分析、シニア向けサービスの理論的バックグラウンドの調査 など

独自調査

実施例:若者のSNS利用実態に関する調査

大学生を対象に実施した、「若者のSNS利用と消費行動に関する調査」を基にSNS利用の頻度、インフルエンサーとの関わり方、裏アカウントの使用目的や価値観に対する回答を、統計的手法を用いて分析。若者特有の顕示欲求や将来不安がSNSの利用に一定の影響を与えることが明らかになった。2024年度も継続実施し、継続的な調査・分析を行い、学会での発表や論文執筆を目指す。

共同研究

働き手の技能アセスメントに関する共同研究(株式会社ROOKIEとの共同研究)

空間の心地よさに関する共同研究

経営コンサルティング

専門商社の財務分析、予備校の経営戦略立案支援、IT企業のマーケティング支援 など

お問い合わせはこちら!
higuchi@yasabi.co.jp

研究員紹介

所長 中川功一

1982年生。経営学者/やさしいビジネススクール学長/YouTuber/東京大学 経済学博士
専門は、経営戦略論・イノベーション・マネジメント、国際経営。「アカデミーの力を社会に」をライフワークに据え、日本のビジネス力の底上げと、学術知による社会課題の解決を目指す。「やさしいビジネススクール」を中心に、YouTube・研修・講演・コンサル・著作等で経営知識の普及に尽力中。

中川功一 学長の詳細なプロフィールはこちらから

研究員 樋口広喜

2021年近畿大学経済学研究科修士課程修了。その後、民間企業勤務を経て、2024年より現職。2023年より、近畿大学経営学部中村文亮講師、中川功一学長と「若者のSNS利用と消費行動に関する調査」に関する研究に携わる。

樋口広喜 研究員の詳細なプロフィールはこちらから

過去の実績

中村文亮・樋口広喜・中川功一(2023)「裏垢保有は約半数,ひろゆき氏は信頼厚いインフルエンサー:2大学で行ったZ世代大学生の認識調査・基礎報告」『近畿大学 商経学叢』70(3) 187-209.

[概要]本研究の目的は,1990年代後半から2000年代後半までに生まれたZ世代の若者に焦点を当て,彼らのSNS上の行動とその背後にある心理的要因を探索することである。アテンションエコノミーと呼ばれる人々の注意や認知が貴重な経営資源となりつつある現代において,SNS上のアテンションの獲得競争が,Z世代の行動や心理にどのような影響を及ぼしているのかは,十分に理解されていない。本研究は,関東と関西の大学生を対象にした質問票調査を用いて,アテンションエコノミーの帰結として生じたインフルエンサーの支持,匿名性の高いアカウント(裏垢)の利用,SNSの長時間利用とウェルビーイングの関連性を取り上げ,分析を行う。

詳細はこちらから